炊込物語 かぐや鼓 Takikomi-Kaguya

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに食べたくなるけれど、食べたい量で売られてなくて、自分で作るにも多すぎる。
「好きですか?」と聞くと多くの人が好きと答えるのに、なぜか縁遠い炊込御飯。

そんな炊込御飯が身近になりました。

 おにぎりのようでおにぎりでない。
 和菓子のようで和菓子でない。
 折り紙のようで折り紙でない。
 おこわのようでおこわでない。

いろいろ具材を炊き込んで、
ラミネート加工の和紙と抗菌フィルムで折り紙のように四角く包みました。
押して固めているのでもちもちです。

約80gの食べきりサイズ。時間がない時にも、ちょいとパクつける大きさです。
ポーチやカバンに入れてもかさばらず、アウトドアやスポーツ観戦にも便利です。

急速冷凍で風味を逃さず冷凍しました。
冷凍庫に置いておいて好きな時に温めて食べたり、
出かけるときにレンジアップして持って行ったり、
アウトドアなどで湯煎で解凍したりと、使い勝手がよくなりました。
今まで楽しめなかったシーンでも活躍できそうです。

急な来客でご飯が足りない時とか、お呼ばれした時の手土産や差入れ用にいかがでしょうか。

よろしくお願いします。